妊活を開始したら時を同じくして私は妊活に

妊活を開始したら時を同じくして私は妊活に役立つということで葉酸とマカを夫は(男性は)マカと亜鉛が良いという事で、二つのサプリを飲むようになりました。


葉酸という栄養素は妊娠した時に赤ちゃんの神経を形作るとても大切な栄養素で、マカは生殖能力を向上させ、活力を増進し、亜鉛は精子の増加を助け活性化させるのに役立ったので、開始しました。

これを続けて6か月で、妊活の効果があったのです!妊娠したいときの食事はしっかりと摂取することが望ましいといわれています。とりわけ葉酸が好ましいのですが、他にも摂取が必要な栄養があります。
ミネラルや鉄分などがそれにあたります。

仮に嫌いなものでも積極的に、バランス良く食事をすることが、妊娠しやすい体を作ることにつながるでしょう。加工食品や外食の回数を減らすことも、妊活中の重要な点だと思います。
毎日葉酸を摂取するといってもいくつか考えられるでしょう。一番手軽なのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。けれども、葉酸は熱に弱いので食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日続けるのはかなり困難だと言えます。

必要な葉酸を確実に摂りたいならば、上手にサプリメントなどを取り入れていきましょう。


飲むタイミングは、食事の後が一番良いとされます。
最近の日本では妊活がスムーズにいかないという夫婦も少なくないでしょう。

以前から、少子高齢化だと叫ばれていますが、赤ちゃんを産みたくても上手くいかなくて悪戦苦闘している夫婦は増えつつあります。



もっと国が総力をあげて、もっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国にすべきだと考えます。
暑い時期にはうっかり「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活時には、極力冷たい飲み物は飲まないようにした方がいいと思います。反対に、温まる飲み物を飲むと血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。


飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日頃から体を冷やさないように気を付けてください。夫婦そろって本気で妊活をしようとする場合、先に婦人科などで不妊検査を受ける事が理想的です。そうすると、妊娠するために相応しい体の状態なのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを早い段階から確認しておくことが出来ますから、不妊検査は妊活に不可欠なものだと言えるでしょう。検査によって異常がないことが分かれば安心して妊活に専念できますし、赤ちゃんの健康を考えた上でも大切な検査ですから、検査を受けない理由はないと思います。クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。

結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、このままだったらどうしようと落ち込みました。


産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。

ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。

調査の結果によると、女性の多数が、自分のことを冷え性だと認識しているということが分かっています。
冷えは妊活には禁物で、こういった冷えを改善させることも妊活においては大変重要です。
それに関連して、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。


これらは冷えの解消に効果があります。事実、これらの使用により赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、簡便な方法であるにもかかわらず効果もある妊活だと言ってよいでしょう。
一般的に葉酸を摂るのが一番必要な時期は赤ちゃんができた最初の3ヶ月です。
なので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸とっておけばよかったな。」と後悔する母親も多くいます。


悲しいことにならないように、妊娠を希望している女性は日ごろの食事でも葉酸を摂取することを心がけることが大切です。


皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。

それが葉酸の摂取です。
流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性に原因がある事もあります。



特に注意すべきは精子の染色体異常です。


受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。



葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。